語彙力を固めるために知るべきイタリア語の基礎単語

一般的なイタリア語単語:事実とデータ

image1_descriptionイタリア語は、世界で最も音楽的な言語の1つであり、言葉の中に美しさがあります。
イタリア語は、合計450000の単語から成ると推定されており、最大のイタリア語辞書では270000単語以上を収録しています。この数値は、イタリア語学習を始めようと考えている方には、大きく、ゾッとさせるような数に思えるかもしれませんが、朗報があります:イタリア語を流暢に話すには合計単語数のおよそ5%のみ知っていれば良いのです。つまり、最も一般的な単語を覚えるだけで、あっという間にあなたのイタリア語は流暢になります。
また、嬉しいことに、100単語程度を知っているだけで、イタリア語で書かれている本や記事の半分を理解できるようになります。最も一般的な1000単語を学び、イタリア語で書かれた文章の75%を理解できるようになります。また、あなたが学ぶ各新単語は、あなたがまだ見たこともない最大135単語の意味を推測するのに役立ちます。つまり、1000単語を習得するだけで、最大135000単語のイタリア語を推測できるようになります。これで恐れるものは何もありませんね?

image1_description
共通なイタリア語の単語

最も一般的な100単語を学んだ場合

イタリア語で書かれた50%の文章を理解できます

最も共通なイタリア語単語を初めに学習する利点

  1. 1. Ciao = こんにちは。

    それでは、"Salve"を学びましょう。これは、イタリア語で "こんにちは"を意味します。このフレーズは、イタリア語の中で最も知られている1つであり、イタリア出身の人との会話を始めるのに最適な言葉です。下のプレイボタンをクリックして正しい発音を聞きましょう:

    Ciao

  2. 2. Amore =

    愛は、共通の感情であり、ここで紹介します。イタリア人は、"amore" を通じて人や物を好きというときに伝える可愛らしい表現があります。ここで音声を聞きましょう:

    Amore

  3. 3. Felicità = 幸福

    愛があるとき、そこには幸福が必ずあります。イタリア人が言うように、皆、"felicità" を求めているのです。よく聞きましょう。今日、”felicità”を感じるかもしれません:

    Felicità

  4. 4. Gatto =

    ペットについて話しましょう。この世界には2つのタイプの人々がいます:猫派と犬派です。猫について初めに話します。イタリア人がどのように"gatto" と言っているのでしょうか:ここで聞いてみてください:

    Gatto

  5. 5. Cane =

    さて、可愛くて忠誠心のある犬を忘れてはいけません。犬は、イタリア語で"cane"です。世界中の犬派の人々にとっては、大変役立つ言葉です。これが発音方法です:

    Cane

  6. 6. Sorridere = 微笑む

    ここで、笑顔について話しましょう。イタリア人は、"sorridere" と言います。微笑むことは、私たちを幸福にし、私たちの健康維持に繋がります。そのため、私たちは毎日微笑むことが必要なのです。これがイタリア語での発音になります:

    Sorridere

  7. 7. Italiano = イタリアの

    次に、イタリア人がどのように自分たちの国籍のことを呼ぶのか見ていきましょう。正解は、"Italian" です。正しい発音を聞きましょう:

    Italiano

  8. 8. = はい。

    はい。8番に達しました。ここでは、"はい"について話したいと思います。イタリア語スピーカーは、"はい"を "sì"と言います。イタリア人の発音を聞いて理解を深めましょう:

  9. 9. Grazie = ありがとうございます。

    ここまでお読み頂きありがとうございます。それとも、イタリア語で "Grazie" と言った方が良いでしょうか。これがイタリア語で感謝を述べる言い方です:

    Grazie

  10. 10. Arrivederci = さようなら。

    "さようなら" と言うのが丁寧なお別れの仕方です。"Arrivederci"のイタリア語での言い方がこちらです:

    Arrivederci

イタリア語の語彙力をオンラインで向上

イタリア語を話す今日のオンライン言語コースは、面白く、効率的で、手頃な価格であり、新しい言語を学ぶための最新のテクノロジーが採用されています。これは、あなたの語彙力を構築するための素晴らしいソリューションです。2016年のApple’s best new appsの1つであるMondlyを使用しましょう。弊社のエクスパートな言語学者は、あなたが学ぶべき重要な最も一般的なイタリア語単語を厳選しました。おそらく実生活では使用しないようなランダムな単語を学ぶことはこれ以上辞めましょう。
各Mondlyレッスンは、特定のテーマやシチュエーションを取り上げています:家族、色、動物、あるいはショッピングに関する内容などです。あなたは、様々な状況にすぐに溶け込めるようになります。レストランでの食事の注文、ホテルの予約、あるいはたまたま会ったネイティブスピーカーとのカジュアルな会話など。テーマ毎で管理されたレッスンは、想像力を使うことで、イタリア語の基本単語の学習をより簡単にします。

イタリア語を話す

ネイティブスピーカーによるイタリア語の基礎単語

イタリア語を話す人々ネイティブスピーカーの音声を聞くことで、言語学習が効率的になることは証明されています。そのため、弊社の言語学者は、ネイティブスピーカーを聞くことを学習経験の重要な内容の一部にしました。弊社の言語学習アプリ上の全てのフレーズは、プロフェッショナルなイタリア語スピーカーにより録音されており、音声を聞くことで、自然に基礎単語の正しい発音を学ぶことができます。
それでは、イタリア語学習の最終目標を見ていきましょう:リアルな会話をすること。そのために、弊社のレッスンの必要な一部として、話す練習問題を作りました。この練習により、あなたが学んだイタリア語単語を使って会話を練習できます。弊社のVoice Chatbotを試してください。このChatbotは、高度なコンピュータープログラムであり、あなたは、Chatbotと知的な会話を繰り広げることができます。会話に参加すると、あなたは質問をされるので、返答し、あなたの返答内容をChatbotが理解し、そのまま会話を続けていきます。このChatbotは、注目すべきテクノロジーであり、このテクノロジーにより、Mondlyは、何百万人ものユーザーの心を獲得しました。

イタリア語を話す人々

知っていましたか?

トップイタリア語単語イタリア語は、食べ物、音楽、芸術の分野で世界中の文化に影響を与えています。おそらく、あなたは既にいくつかのイタリア語を知っているでしょう。最後に"ピザ” を食べたのはいつですか?ピザは、イタリアで最も有名な食べ物で、ナポリでおよそ1860年に開発されました。もしくは、あなたは”スパゲッティ”、”ラザニア”、あるいは”カプチーノ”が好きかもしれませんね。これらの言葉も全てイタリア発祥です。”ピアノ”、”ソロ”、”オーケストラ”もイタリア語から来ています。また、外国人の友達に電話した場合、友達の中には、”チャオ!”と返事をする人がいるかもしれません。
気付いたかもしれませんが、イタリア人は短い言葉を使うことを好みます。しかし、長い単語を使う場面もあるのです。いくつかの医療用語を除いて、最も長いイタリア語は、“pre­ci­pi­te­vo­lis­si­me­vol­men­te”です。これは、26文字です。早口言葉であり、ものすごく早いものか慌ただしい人を意味しています。この言葉は、イタリア人の話し方を完璧に反映しているかもしれません:早口です。
しかし、焦らないでください!ほとんどのイタリア語は、もっと短い単語であり、もっと簡単です。流暢になるために、必要な最も共通のイタリア語単語に焦点を当てましょう。

トップイタリア語単語

イタリア語ネイティブスピーカーによる共通のイタリア語単語 Top 10

イタリア語学習を楽しく簡単に

イタリア語の基礎を学ぶと言うことは、まず初めに簡単な単語を学び、徐々に難易度を上げていくと言うことです。この学習方法により、言語知識の深まりを感じ、勉強する楽しさを見出せます。

短時間で基礎的なイタリア語での会話が可能

ローマやベニス出身の人々と、天気、政治、家族といった通常の話をすることができます。あなたのイタリア語力に自信がつき、さらに学習意欲が増えます。

すぐにイタリア語が流暢に

最も共通なイタリア語単語を初めに勉強することは、スマートな学習方法です。実生活で一生使わないかもしれない単語を何故覚えますか?

イタリア語の語彙力を向上

新しいイタリア語単語毎に、語彙力向上が見込めます。各レッスン毎に、流暢になるまでに一歩近づきます。

5000万人が語学学習しているMondlyに参加しましょう

言語の世界を冒険します

We use cookies to give you the best possible experience on our website. By continuing to browse this website, you give consent for cookies to be used. For more details please read our Cookie Policy.